本文へ移動

ワークライフバランス

東京老人ホームは、ご利用者も、職員も大切にする法人として、ワークライフバランスを目指しています。
 
職員が心身ともに豊かに働き続けるために欠かせないのは、ワークライフバランスだと考えます。
また、職員の生活基盤が安定し、プライベートが充実して、はじめて、仕事面でもより良い利用者支援が提供できると考えます。
 
 

「仕事」の充実

キャリアアップできる仕組み

東京老人ホームでは、介護技術はもちろんのこと、「社会人として」、「高齢者福祉で働く職員として」、「東京老人ホームで働く職員として」の基盤となる考え方やスタンスを、研修や日常業務を通してしっかりと学びます。
また個々にキャリアアップできる仕組みもあることで、仕事に対するやりがいや楽しさを見出すことができます。
 
 

ストレスマネジメント

月に1回、外部の専門家によるストレスマネジメントを受けることができます。(希望者のみ)
仕事やプライベートにおけるちょっとした不安や悩みを早い段階で職員自らが気づき、自ら気持ちをマネジメントするために、外部の専門家が手助けをしてくれます。
 
現代人の多くが抱える仕事や生活面における様々なストレスや不安要素を、自らマネジメントしていくことで、しっかりと仕事に向き合える態勢を整えることができます。
 
 

「給与」の充実

東京老人ホームでは、一定レベルの生活水準を確保できる給与制度により、職員の暮らしを支えています。
 

毎月の給与の他、各種一時金も支給します

●引越手当 50,000円
  入職にあたり転居した場合
●資格取得手当 30,000円~70,000円
  在職中に下記資格に合格した場合(新卒学生に限っては、卒業時の合格も含む)
  介護福祉士 50,000円
  介護支援専門員 50,000円
  社会福祉士 70,000円
  ※上記は支給対象資格の一例です。
●リフレッシュ手当 10,000円
  リフレッシュ休暇取得時
●スポーツ支援手当 3,000円
  マッサージ費用補助他
●勤続表彰金 30,000円~70,000円
 

賞与4.7ヶ月支給

年2回(6月・12月) 4.7ヶ月支給
 
※毎月の給与で、国の制度による処遇改善手当を支給していない部署・職種については、介護職員との偏りを均す目的で、上記の他に6月・12月で60,000円ずつ(合計120,000円)加算して支給しています。
 

退職制度について

●定年退職 65歳
65歳まで正職員としての給与が保証されるので、老後の生活設計も安心です。
 
●退職金制度
東京老人ホームでは、入職時から定年の65歳まで、2つの退職制度に加入することができます。
・東京都社会福祉協議会従事者共済会(任意加入、掛金は法人と職員が折半で負担)
・独立行政法人福祉医療機構(掛金は法人負担)
 
 

「休暇」の充実

最長9日間のリフレッシュ休暇で心身ともにリフレッシュ

5年毎に、最長9日間のリフレッシュ休暇を取得することができます。
 
普段は3日~4日程度の小旅行に、そして5年毎に取得できるリフレッシュ休暇ではヨーロッパやハワイ等まで足を伸ばし、心身ともにリフレッシュすることも可能です。
5年毎に取得できるので、次のリフレッシュ休暇は「どこに行こうか?」「何をしようか?」を楽しみしながら仕事に向かうことができます。
 
また、リフレッシュ休暇取得時にはリフレッシュ手当10,000円が支給されます。
 
※5日間のリフレッシュ休暇に、前後2日ずつの公休をあわせて9日間取得することができます。
 

毎週水曜日はノー残業デー

毎週水曜日を「ノー残業デー」と定め、全職員が定時で仕事を終えて、次のシフトの職員にバトンタッチしています。
 
スポーツジムやヨガなど自分の趣味に費やす時間、家族や友人と過ごす時間等々、職員それぞれに毎週水曜日の仕事後の時間を楽しんでいます。
 
もともと残業時間は多くなく、水曜日以外でも定時で終業する職員は多いのですが、毎週水曜日だけはきっちり定時で上がることで、計画的にリフレッシュすることができるのが嬉しい制度です。
 
 

子育て支援

子育てをしながら働くお父さん職員、お母さん職員を応援しています

職場の理解を目的として実施した家族参観
子育てをしながら働く職員にとって、一緒に働く職場の職員が、仕事と育児の両立を理解してくれていることが、何よりの心の支えになります。
そんな職場の人たちの理解の一助になればと企画したのが家族参観です。
子育てをする職員のこと、お子さんのことを、職場の人たちとの交流を通して理解を深めようと、職員のお子さんを夏休みにホームに招待しました。
 
子育て中の職員も、職場の職員も、そして参加してくれた子どもたちにも、たくさんの笑顔があふれていました。

 

産前産後休暇中の給与・賞与は100%支給

妊婦である女性職員には、約3ヶ月半の産前産後休暇中、給与・賞与ともに100%支給しています。
 
産前産後休暇中であっても、それまでと変わらない生活水準を維持できるのが嬉しい制度です。
 

家族の暮らしを支える手当

何かと出費がかさむ時期の職員とそのご家族を支える手当
 
●職場復帰支援金 100,000円/1子あたり
 産休または育休から復帰した女性職員に、職場復帰支援金を支給します。
 
●子どもお祝い金 30,000円/1子あたり
 お子さまの入学、卒業時にお祝い金を支給します。
 
社会福祉法人東京老人ホーム
〒202-0022
東京都西東京市柳沢4-1-3
TEL.042-461-2230
FAX.042-461-2280
特別養護老人ホーム
養護老人ホーム
軽費老人ホーム
デイサービス
訪問介護事業所
訪問看護事業所
指定居宅介護支援事業所
地域包括支援センター
高齢者配食サービス

 
0
0
7
0
6
7
TOPへ戻る