本文へ移動
2020年4月に入職した
ぴかぴかの介護職員1年生。
研修の様子、仕事ぶり、プライベート etc
日々のつぶやきをご紹介していきます!!
2019年度の「新人スタッフブログ」はこちらから
2018年度の「新人スタッフブログ」はこちらから
2017年度の「新人スタッフブログ」はこちらから

次へバトンタッチ

2021-03-23
こんにちは。めぐみ園スタッフのⅠです。
延長されていた緊急事態宣言がついに解除されましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

入職してから度々ブログを投稿してきましたが、
あっという間に1年が経とうとしており、
このブログも最終回となってしまいました。

この一年間、社会人になってから不安なことは
沢山ありましたが、同時に、沢山の先輩たちに支えてもらいました。
入職して間もない研修中、あるご利用者の介助に苦戦しているのを
見ていた先輩が、私が何に対して悩んでいて、どうサポート
するべきなのかを周りの先輩に呼びかけて頂けたことが
強く印象に残っています。
また、些細なミスをしてしまった時も、先輩が一緒に対策を
考えて下さいました。

先輩に沢山支えてもらって、人から与えてもらったことは、
人に与えるべきだと改めて学びました。

4月から新卒の職員さんが入社するにあたって、
先輩たちが私にしてくれたことを思い出して、
精一杯サポートしてあげたいと強く思いました。

ブログは新卒の職員さんにバトンタッチします!
一年間有難うございました。

変わり湯の実施

2020-12-02
めぐみ園1階ケアワーカーのIです。
めぐみ園の各階にて、11月23日から26日までの三日間にわたり「変わり湯「」を実施しました。
 
「変わり湯」とは、入浴に関するレクリエーションを毎年新人職員が企画する行事なのですが、今回は、香り高い入浴剤と、浴槽に紅葉を浮かせた、通称「紅葉湯」を企画しました。
入浴剤だけでなく、浴槽に紅葉を浮かせることによって、普段とは違った楽しみだけでなく、季節を目や肌で感じて頂こうと思い企画しています。
 
実際に「変わり湯」に携わってみて、ご利用者から思った以上の反応を頂けたことに、とても嬉しく思いました。
特に、普段あまり反応が得られないご利用者から豊かな表情を引き出す事ができて「やってよかった」と大きな達成感を覚えました。
 
この機会を経て、今回のような特別な行事だけでなく、普段の日常生活の中でも、ご利用者の「嬉しい」「楽しい」等といった感情を少しでも多く引き出せるようこれからも関わらせて頂きたいと、改めて強く思うことができました。
 
最後に、変わり湯を実施するにあたって、企画や買い出し、書類の作成等を手伝って下さった先輩職員の方々にも、この場を借りて感謝の気持ちを伝えたいと思います!
 
 

レクリエーションを担当して学んだこと

2020-09-10
こんにちは。めぐみ園ケアワーカーのIです。
 
いまだ自粛の意識の下、あまり変化のない生活が
続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 
私は、以前より小説を読む機会が増えました。
最近では、村上春樹の
「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」
という小説にはまりました。
この小説は決して明るい話ではないのですが、
ひたすら虚無感の漂う世界観がとても印象的でした。
家ではもちろん、朝から近所のコメダ珈琲でコーヒーを
飲みながら、この本をじっくりと読みふけることが、
最近の楽しみの一つでした。
 
さて、業務に関しては、8月はご利用者の
レクリエーションを 担当しました。
はじめのうちは苦戦しまして、レクリエーションの案を
事前に用意したものの、いざ実践してみると思ったような
反応が得られないことが多々ありました。
なぜ、思ったような反応を得ることができなかったのか
考えてみると、各ご利用者の明確な好み、どの動作が
できて、どの動作ができないか等といった情報を
しっかり把握していなかったことが原因にあったことに
気づきました。
なので、レクリエーション中の動作や日常での
コミュニケーション等で得た情報から、レクリエーションの
案をもっとその方にあったものに調整してみました。
すると、以前塗り絵を行なえなかったご利用者が、
できないことをサポートしたことで、一枚作品を完成させる
ことができました。
 
この機会を経て、レクリエーションだけでなく、普段の
日常生活内でも、ご利用者の可能性を広げられるような
ケアを心掛けていきたいと 改めて感じることができました。
 
これからも、ご利用者と一緒に楽しく生き生きと
過ごせるよう精一杯頑張ります!
 
 

入職して3ヶ月が経ちました

2020-07-27
こんにちは口を広げてにっこりした顔
めぐみ園ケアワーカーのHです。
 
入職してから三ヶ月が経ちました。
仕事にはだいぶ慣れてきました。
しかし排泄の交換の時に中々パッドが当てられなく
未だに苦戦しています、、、、(-_-;) 
先輩方すみません、、、
自宅で毎日その日の反省を書きだしたり、
家族を相手に練習をして頑張っています。

コロナ自粛の時には外出できない中、
大好きなアーティストさんの動画をYouTubeで見たり、
得意料理のオムライス作っていました(笑)
3密を避けるために、本当は友達と食事に行きたいですが
リモートで連絡を取り合うようにして友達と仕事の悩みを
相談し合っています。

仕事で気を付けていることは、手洗い、うがいを
いつも以上に徹底しています。
介護の仕事は高齢者の方と非常に接触をする仕事なので
とにかく自分が悪い物を持ち込まないように
すごく注意しています警告マーク(丸)
早くコロナが収まって友達と色んな所に行きたいです。
皆さんも気を付けてくださいね!

*写真は夏らしく向日葵にしました(⌒∇⌒)
 

自粛期間中のルーティン

2020-06-19
こんにちは。めぐみ園ケアワーカーのIです。
 
入職してから2ヶ月以上経ちましたが、仕事には
幾分か慣れてきたように感じています。
日中の業務の研修を完了し、無事独り立ちした
こともあり、自分で考えて行動する機会が増え、
より一層責任感を覚えて働くことができています。
 
自粛期間は本当に大変でしたよね。
コロナの影響で、この2ヶ月間はほとんど外出する
ことができませんでしたので、運動不足に陥って
しまった方も多いのではないでしょうか。
 
私はこの機会に、ランニングを始めました。
もちろん、ランニング中はマスク等を着用し、
人の少ない場所、時間帯(夜22時頃)に設定し、
帰ったら手洗いうがいを徹底した上で実行しました。

人気のほとんどない、夜の街灯が照らす道を走っていると、
ひたすら無心になり、日常から離れた時間を過ごすことが
できます。
仕事から帰り、やるべきことを済ませた後でランニングを行い
あとは寝るまで趣味を楽しむ、といったようなルーティンを
構築することによって、精神的にも健康になれたような気がします。
 
更には、お酒の席やジャンクフード等の外食が減り、
運動する習慣もついてしまう、といったように、
逆に健康的な生活を送ることができました。
またこれから逆戻りしてしまうのでしょうか・・・。笑
 
今となっては、不思議で貴重な経験だったと思えます。
自粛要請中も毎日元気に働くことができて、本当に良かったです。
 
 
社会福祉法人東京老人ホーム
〒202-0022
東京都西東京市柳沢4-1-3
TEL.042-461-2230
FAX.042-461-2280
特別養護老人ホーム
養護老人ホーム
軽費老人ホーム
訪問介護事業所
指定居宅介護支援事業所
地域包括支援センター
高齢者配食サービス
★認知症カフェ「おひさまカフェ」

 
0
9
3
7
7
5
TOPへ戻る