社会福祉法人東京老人ホーム|西東京市で特別養護老人ホームの他、施設・在宅サービスを運営する高齢者総合福祉施設

 

ホームの日記

 

ホームの日々の様子をご紹介していきます

ホームの日々の様子をご紹介していきます
フォーム
 
小学校の避難所開設訓練に参加しました
2017-09-01
地域にある保谷第二小学校の避難所運営協議会が、初の試みとして「避難所開設訓練」を開催し、東京老人ホームも協力団体の一つとして、介護職員や看護師、栄養士など約30名で参加させて頂きました。
 
これは、今後大きな地震が発生することを想定し、小学校における避難所の初期の運営を訓練することで、その実践力を高めることを目的として開催されたもので、避難所の開設、仮設トイレ等応急施設の設営、非常食の炊き出しなどの訓練を避難所運営協議会が中心となって行いました。
 
その一環として、東京老人ホームは高齢者介護の専門性を活かし、避難所に高齢者を受け入れることになった際に、受け入れる側は「高齢者のどのような点に注意しなければならないのか?」を小学生たちに知ってもらう実践を行わせて頂きました。
 
その実践内容は、
 
①小学生2名に「高齢者疑似体験セット」を装着していただき、高齢者の体がどれだけ不自由なのか、またどんな点に注意しなければならないのかを考える。
 
②車イスに「乗ってみる」「押して介助してみる」という体験を通して、介助される側の気持ちや、介助する際に気を付けなければならない高齢者とのコミュニケーションの取り方についても知る。
 
③体の機能の衰えにより、飲食が困難な高齢者がいることを理解し、そのような高齢者向けに工夫されている食べ物を知る。
 
というものでした。
 
当日は蒸し暑い天候にも関わらず、多くの小学生やその保護者、関係者で体育館は賑わっていましたが「高齢者疑似体験」では初めて装着する重たい重たい装具に「高齢者はこんなに動きが制限されたり重くて大変なんだね」ということを装着した小学生も、またその感想を聞いた参加者の方たちも、皆さんとてもよく理解されていたようでした。
 
また車イス体験では、10グループに分かれて、大人も子供も実際に一人ずつ「乗る」体験、「押して介助する」体験を実践して頂きました。「乗ってみると、意外とスピードが速く感じて怖かった」という意見があったり、押して介助する側も、車イスの操作方法の他、声掛けの必要性なども体感していただけたようです。
 
高齢者の食事については、「常食」「極刻み食」「ペースト食」を展示し、管理栄養士が説明をして理解していただきました。
 
 
普段の生活で高齢者のことについて知る機会を持つことはそう多くないと思います。
今回この訓練を通して、小学生を中心に地域の方々に少しでも高齢者のことを知って頂けたならば、私たち高齢者介護に携わる専門職にとっては、とても有意義で嬉しいひと時であったと言えます。
 
東京老人ホームのような高齢者福祉を運営する事業所だけでなく、今後は更に地域の方たちとともに、高齢者の方々を支える仕組みづくりができたら嬉しいなあとあらためて感じました。
 
 
★10月15日(日)に開催する「いきいきさんデー’17」においても、地域のお子様たちに、高齢者疑似体験セットや車いすを体験していただくブースを設けます。
今回、参加できなかった方も、是非この機会に「いきいきさんデー」にお越し下さい!!
 
 
 
 
 
子ども参観を実施しました
2017-08-18
子どもたちの夏休み期間中にと、希望する職員のお子さんをホームに招いて「子ども参観」を実施しました。
 
「子ども参観」は、文字の通り、職員のお子さんたちが、お父さん・お母さんの働く職場を参観するというものです。
今回が初めての試みでしたが、職員7名に、そのお子さん13名の合計20名が参加してくれました。
 
まずは、子どもたち一人ひとりに作成した名刺を持って、職員と初めての名刺交換です。
初めは戸惑いの様子を見せる子どもたちでしたが、3人目の職員と名刺を交換する頃にはすっかり板についてきたようで、名前を伝えて両手で丁寧に名刺を交換していました。
 
次は、軽費老人ホームにご入居されている利用者の方々と一緒に介護予防体操です。
なぜこういう体操が必要なのか職員から話を聞いた後、10分間程度の体操を一緒に行いましたが、利用者の方々に沢山声をかけていただき、少し照れくさそうな子どもたちでした。
 
体操の後は特別養護老人ホームにご入居されている利用者さんと「あっちむいてほい」の勝負です。
勝負と言えど、ご利用者の方のペースにしっかり合わせて「あっちむいてほい」をする姿は、子どもたちなりに何か学んでいたことでしょう。
 
続いては「とろみ食」の体験です。
普段飲むスポーツドリンクを飲んだ後、とろみをつけたスポーツドリンクの試飲です。
高齢者がなぜこのような形態にして飲むことが必要なのか、栄養士から説明がありましたが「まっず~い!」と子どもたちらしい本音が出ていました 笑
 
最後は「高齢者疑似体験」
小学生の男の子たちは、早く車イス体験がしたくて!したくて!車イスの説明を聞いている間も目をキラキラ輝かせていました。
自走式、リクライニング、介助式、それに電動車いすも体験しました。
車イスでスロープも体験し、声掛けの必要性や気を付けなければならないことなど、子どもたちなりに感じることがあったようです。
 
更に、高学年の子どもたちは「高齢者疑似体験セット」を装着して、高齢者の気持ちになってみることも体験しました。
体験した子供たちからは「お年寄りは動きにくいことがわかりました」という感想も出て、子どもたちにとっては良い社会勉強にもなったのではないかと思います。
 
これらの体験をスタンプラリーでひと通り終えた後は、親子ランチ会で、ホームの美味しい食事をみんなで頂きました。
 
お土産には、法人キャラクター「ぽぽたん」マグカップ、「ぽぽたん」クリアファイル、親子写真、お菓子などをお渡しして終了となりました。
 
 
 
今回の「子ども参観」は半日のプログラムでしたが、お子さんたちには、お父さん・お母さんが働く職場がどんなところなのか、どんな仕事をしているのかなど、少しは感じてもらえたのではないかなと思います。
 
関わって下さったご利用者の方々はニッコニコの笑顔で「かわいいねえ」と皆さん目を細めていました。
中には「あなたのお父さんにはとってもよくしていただいているのよ。お父さんのことを誇りに思いなさいね!」と声掛けをして下さるご利用者さんもいたりして、子どもたちも嬉しかったのではないでしょうか。
 
そして担当した職員の方はと言うと、子どもたちのパワフルさに汗だくになりながらも、とにかく素直で元気でかわいらしい子供たちに、とってもとっても癒された素敵な時間となりました!!
また第2弾として、職員の子どもたちと触れ合える企画ができたらいいなあ。
 
 
 
 
うまいもん作って食べようサークル第2弾!「カレー&ナン」
2017-07-21
暑さが続き夏バテしそうな時には、スパイスの効いた食べ物で食欲増進!!
と言うことで、職員の「うまいもん作って食べようサークル」第2弾!
 
「スパイスの力で夏を乗り切る すっきりカレー&ナン」と題して
 ・バターチキンカレー
 ・キーマカレー
 ・生春巻き
 ・ぷるるんオレンジゼリー
を作りました。
 
今回は、「ナン」作りにもチャレンジしてみました!!
「ナン」を自分で作るのは初めてという職員がほとんどでしたが、フライパンで意外と簡単に作れるのがビックリです。
 
みんなで分担しながら料理をしていましたが、ワイワイおしゃべりしながらだったので、あっという間に時間は過ぎ、完成した頃にはお腹もペコペコです。
 
そして、完成した料理の出来栄えは!?
写真の通り、レストランのランチとして出せそうなくらいキレイに出来上がりました!!
 
もちろん、見た目だけでなくお味の方も抜群!!
さらに、みんなでワイワイ楽しく作って食べると、一段とおいしく感じるもんですね!!
 
参加したのは、仕事上がりの職員がほとんどでしたが、美味しい夕食に大満足のサークル活動となりました。
 
 
さて、「うまいもん作って食べようサークル」第3弾は何を作って食べようかな!?
 
次回は男性職員の参加も期待したいですね!
 
 
 
 
配食サービスのランチコンサート♫
2017-07-03
配食サービスをご利用されている方に向けて年4回開催しているホームでの食事会。
今回は初めて、演奏者の方をお招きして「ランチコンサート」を開催しました。
 
会食では、うなぎちらしや、季節の果物のびわなどをお召し上がりいただきました。
 
そして食事の後は、いよいよコンサート♫
 
サキソフォンとピアノ奏者の方お二人にお越し頂き、演奏をして頂きました。
 
サキソフォンとピアノの演奏は、どこかで聞いたことのあるヨーロッパの音楽であったり、お馴染みの歌や童謡などを演奏していただきましたが、参加された方々は、手や体でリズムを取ったり、口ずさんだりしながら、コンサートを楽しんでいるようでした。
 
そもそも配食サービスを利用される方に向けた会食は、外出や外食をする機会が減ってしまった高齢世帯の方々に、外に出て、皆さんで会話を楽しみながらお食事を楽しんで頂きたいという思いから、法人が独自に始めたお食事会です。
更には、音楽を楽しむためにコンサート会場に足を運び、生の演奏を聴く機会も少なくなってしまったのではないかという思いから、今回は会食にプラスして「ランチコンサート」という形で開催をしました。
 
参加された皆さんの楽しそうな笑顔から、ランチコンサートでは、とても素敵な時間を過ごして頂けたようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
新卒職員の宿泊研修プログラム準備中!
2017-05-26
6月上旬に開催する新卒職員の宿泊研修に向けて、プロジェクトチームが研修プログラムの準備中です。
 
今回、研修を企画するプロジェクトメンバーは、入職4年目から8年目の職員。
プロジェクトが始動してから約半年間、このメンバーで新卒の宿泊研修プログラムを全て企画してきました。また当日の研修運営も、全てこのメンバーが担います。
 
宿泊研修には入職2年目のシスター&ブラザーの職員も参加して、新卒職員たちのグループワークのファシリテーターを務めるようで、今回はプロジェクトメンバーが、グループワークの進め方を2年目職員にレクチャーしていました。
 
 
研修当日は、グループワークだけでなく、体を動かすレクリエーションあり、懇親会あり、ちょっとしたプレゼントありと、盛りだくさんで進められるようです。
 
研修の様子は、開催後にお知らせしますのでお楽しみに!!
 
 
★プロジェクトメンバーお手製の「しおり」も出来上がりました!
 わくわく感たっぷりのかわいいしおりです!!
 
 
 
「ぽぽたんカフェ」を開催しました
2017-05-22
5月20日(土)、気温29度!と夏のような暑さの中「ぽぽたんカフェ」をホーム中庭で開催しました。
 
パラソルを立てても陽が差し込むところは真夏のような暑さの中、施設のご利用者と地域の方を合わせて約350名もの方にお越し頂きました。
中には、100円玉を握りしめてケーキセットを食べに来てくれた小学生のグループも。今年は子供さんたちだけの参加も多く、とても賑やかなカフェとなりました。
 
また、カフェの合間には、地域にある武蔵野大学の管弦楽団の皆さんによる演奏も3回公演で行われ、美しい音色を聴きながらカフェを楽しんでいただくことができました。
 
 
ぽぽたんカフェでは、毎年、4月入職の新卒職員や中途入職の職員を中心に、ウェイターやウェイトレスの役割を担っていただいています。
開催前のスタッフミーティングでは「ご来場いただいたお客様に喜んでいただく前に、まずは職員みんなが楽しみましょう!」 というお話がありましたが、その言葉どおり、職員からもたくさんの笑顔があふれていました。(職員の様子はこちらでご覧ください)
 
秋には「いきいきさんデー」の開催も予定してます。
ご利用者、ご家族、地域の方々、そして職員が共に交流する機会を、これからも大切にしていきたいと思います。
 
 
 
カフェ&Bar「Sui」 お祝いを兼ねて(夜の部)
2017-04-26
お祝いを兼ねて実施している『超 豪華版!カフェ&Bar「Sui」』の夜の部スタートです!
 
新卒職員6名と、中途入職の職員3名も参加して、夜の部がスタートしました!!
 
夜の部では、前回2月のSuiで大好評だった銘酒「獺祭」と、新たに「獺祭スパークリング」を用意しました。
他にも、お弁当を限定10食、人気のパン屋さんのパン各種、ピザ屋さんのピザ、そして夜の部でもスイーツを用意しましたが、こちらも大人気!!
獺祭も、目玉となる食べ物も、早い段階で 終了してしまいました。
 
夜の部の参加人数も、予想を上回る大勢の職員が参加してくれて
な、な、なんと!? Suiを始めて依頼初!席が足りず ” 立ち飲み状態 ” でした!!
 
そんな大混雑の状態でも、皆さんそれぞれに大盛り上がり!!
楽しく交流をして楽しいひと時を過ごしていただけたようです。 
 
そして、新入職員の方たちも、他の職場の職員たちとも大いに交流が図れたようで、これをきっかけに、東京老人ホームでの ” 輪 ” を更に広げていっていただけたら嬉しいです!!
 
 
 
カフェ&Bar「Sui」 お祝いを兼ねて(昼の部)
2017-04-26
偶数月に実施してる職員のための カフェ&Bar「Sui」。
 
今回の開催は、
 
” 新入職員の歓迎 ”
” 職員たちの意識の変化と努力の甲斐があり、毎週水曜日の「ノー残業デー」の数値目標を達成” 
 
この2つをお祝いして『超 豪華版!カフェ&Bar「Sui」』として実施しました。
 
朝9時のオープンから午後2時までの間に、夜勤明け勤務や、13時終了のパート職員、登録ヘルパーさん、休憩時間の職員など、様々な時間帯で多くの職員が参加してくれましたが、超豪華版!と宣伝した甲斐があってか!?用意した限定50個のスイーツは、あっという間に終了してしまいました。
 
つまり、50人以上もの職員が次々と集まってくれたということで、用意した職員も驚きと感激でいっぱいでした!!
 
せっかく来てくれたのに、スイーツが食べられず、コーヒーや紅茶だけ飲んで仕事に戻ることになってしまった職員の皆さん、ごめんなさい!!
 
カフェ&Bar「Sui」夜の部で、是非リベンジして下さいね!!
 
 
 
 
新入職員の防災訓練
2017-04-26
毎月実施している避難訓練とは別に、ここ3ヶ月くらいの間に新しく入職した職員を対象に、消火器の使い方の実践を中庭で行いました。
 
当初は、西東京消防署の方々にお越し頂き、消火器の使い方やAEDの使い方について学ばせていただく予定でしたが、消防署の方々は当日、急な都合で来られなくなったため、法人職員のみで行いました。
 
消火器の使い方は、”火点”となる赤いコーンをめがけて、消火器を噴射(中身は水)する訓練でしたが、消火器を噴射する前に「火事だ~!火事だ~!」とまずは大声で叫んで火災発生を知らせるところからスタート。
 
初めて消火器を触る職員も多く、最初は不安そうに消火器を握る職員もいましたが「火事だ~!!」の声は、どの職員もお腹の底から大きな声を出し、大声が中庭内に響いていました。
 
災害が起こらないことを切に願いますが、このような訓練を繰り返し行っていれば、万が一の際にも職員たちの体は自然と動いてくれることでしょう。
訓練は今後もしっかり行っていきたいと思います。
 
 
なお、今回は実施できなかったAEDの使い方実習は、別の日にあらためて行い、救命措置の方法についてもしっかり訓練をする予定です。
 
 
 
新年度初の会食会
2017-04-03
新年度最初の行事は、配食サービスをご利用の方たちをお招きした会食会でした。
 
今回初めてご参加いただく方もいて、入れ替え制で合計16名もの方にホームにお越しいただきました。
お越し頂いた皆さま、ありがとうございました。
 
桜はまだ満開ではないものの、ホーム職員による送迎サービスの車中から、お花見も少し楽しんでいただけたでしょうか。
ちなみに、送迎用の車は、納車されたばかりの新車です!!
 
そして本日のメインメニューは、ねぎとろ丼。
配食サービスの際にはお届けすることが難しい生ものです。
彩りが桜色で、春を感じさせるメニューでした。
 
ご参加いただいた方から、メニューのリクエストもいただきましたので、今後の参考にさせていただき、これからどんな会食会を開催するか、また検討していきたいと思います!!
 
 
社会福祉法人
東京老人ホーム
〒202-0022
東京都西東京市柳沢4-1-3
TEL.042-461-2230
FAX.042-461-2280
―――――――――――――――
特別養護老人ホーム
養護老人ホーム
軽費老人ホーム
デイサービス
訪問介護事業所
訪問看護事業所
指定居宅介護支援事業所
地域包括支援センター
高齢者配食サービス
―――――――――――――――
055471
qrcode.png
http://www.tokyo-rojin-home.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<社会福祉法人東京老人ホーム>> 〒202-0022 東京都西東京市柳沢4-1-3 TEL:042-461-2230 FAX:042-461-2280