本文へ移動

ロゴマーク・キャラクターについて

東京老人ホームのロゴマークについて

創立80周年を記念して職員からの公募により誕生したロゴマークが、創立100周年を機に新しく生まれ変わりました。
 
デザインが変わってもロゴマークにこめられた想いは変わることなく、キリストの愛の下、ご利用者・ご家族、地域の方々、そして職員それぞれが一つの道を共に歩むことを表しています。
そして、創立100周年に生まれ変わったロゴマークは、東京老人ホームが皆さまと共に未来への希望に向かって新たなスタートを切り、更なる歩みを進めていきたいという強い想いをも表現しています。


東京老人ホームのキャラクターについて

「ぽぽたん」の誕生

2013年 「ぽぽたん」 誕生
法人創立90周年の年に「ぽぽたん」は誕生しました。
”大地に根を張る力強さと綿毛を飛ばして広がるたんぽぽ”をモチーフにした「ぽぽたん」は、東京老人ホームがこの地にしっかり根付き、必要とされることを追い求め広がり続けていくことに願いを込めて作られました。

「ぽぽたん」の想いを広げる「ふらっふぃ」誕生

2023年 「ふらっふぃ」 誕生
そして記念すべき創立100周年の年、”たんぽぽの綿毛”をモチーフにした新たな仲間「ふらっふぃ」を迎えました。
「ぽぽたん」が表現している想いの更なる実現を求める「ふらっふぃ」は、ご利用者・ご家族・職員・地域の方々・そして東京老人ホームに関わる全ての方々と共に歩み、皆さまにその想いをお届けし、広がり続けていくことを表現しています。
※「ふらっふぃ」は綿毛を意味する英語「fluff(フラフ)」より名付けられました。

「ふらっふぃ」の想い

「寄り添う」
「考える」
「歩む」
「叶える」
「喜ぶ」
施設を利用される方にはもちろん、地域で必要とされていることにも目を向けて、ご利用者・ご家族・職員・地域の方々・そして東京老人ホームに関わる全ての方々と共に、
想いに「寄り添い」
何ができるかを「考え」
前に向かって「歩み」
そしてその想いを「叶える」
それによって共に「喜ぶ」ことが
私たち東京老人ホームが目指すべき道であることを5つの綿毛がそれぞれ表現しています。

「ふらっふぃ」が表現するように、東京老人ホームは常に地域のニーズに耳を傾けながら、これからの未来に向けても皆さまと共に歩み続けます。


「ぽぽたん」と「ふらっふぃ」の誕生について

「ぽぽたん」も「ふらっふぃ」も、職員からのデザイン公募により誕生しました。
デザインを考えてくれた職員の想いを紹介します。

「ぽぽたん」デザインの職員Hさん
東京老人ホームの現在の姿から、未来に向けての希望を思い描き、この「ぽぽたん」をデザインしました。 

「ふらっふぃ」デザインの職員Nさん
「ぽぽたん」と共に東京老人ホームの想いを広く伝えていけるようなキャラクターを考えました。





社会福祉法人東京老人ホーム
〒202-0022 東京都西東京市柳沢4-1-3
TEL.042-461-2230
FAX.042-461-2280
特別養護老人ホーム
養護老人ホーム
軽費老人ホーム
訪問介護事業所
指定居宅介護支援事業所
地域包括支援センター
高齢者見守り配食サービス

1
5
4
8
7
1
TOPへ戻る